NEWSイベントプロモーション支援

【弊社主催イベント開催】<ぺっこの森の人と米と酒>岩手銘醸の杜氏と飲みながら教わる!奥州市のおいしいお米とこだわりの日本酒作り

 弊社が企画運営を担うぺっこの森委員会が奥州市の地域振興プロジェクト「ぺっこの森」の一環として、日本酒イベント「<ぺっこの森の人と米と酒>岩手銘醸の杜氏と飲みながら教わる!奥州市のおいしいお米とこだわりの日本酒作り 」を開催いたします。

 本イベントでは、岩手県奥州市前沢で地域密着の酒作りを行う伝統ある造り酒屋「岩手銘醸」の若手杜氏をゲストに迎え、選りすぐりの日本酒を味わいながら、奥州市のおいしい米とこだわりの酒作りについて学ぶイベントです。また、日本酒と合わせて奥州市在住の若手料理人が地元食材を使ったぺっこの森オリジナル酒の肴も楽しめます。

《イベント概要》
■日時:2019年6月22日(土)15:30~17:00

■会場:3×3 Lab Future(大手町)フューチャーキッチン
(東京都千代田区大手町1-1-2 大手門タワー・JXビル1階)

■定員:12名

■参加費:4,000円(税込)

■イベント情報URL: https://pecco-no-mori02.peatix.com/

■〈ぺっこの森〉公式 facebookページ: https://www.facebook.com/pecconomori/

■主催:ぺっこの森委員会

■運営:株式会社スキヤキッド

■協賛:岩手銘醸株式会社

【イベント構成】
・岩手銘醸と杜氏のご紹介
・奥州市でのおいしい米作りと酒作りのお話
・杜氏が選ぶこだわりの名酒のご紹介
・こだわりの酒の肴と日本酒4種の食べ合わせ

《ぺっこの森とは》

 岩手県の方言で“少し”や“小さい”をあらわす「ぺっこ」と“豊かさ”を象徴する「森」から生まれた〈ぺっこの森〉は、“ささやかだけれども、丁寧で豊かなくらし”がいまも日々続いている岩手県奥州市でのくらしを紹介する取組みです。
毎日があっという間に感じられる東京でのくらしの中で、少し立ち止まって“くらしを見直す”、“くらしについて考える”時間を皆さんと共有していきたいと思っています。

《ゲスト》
〇 三浦 健太郎(岩手銘醸 杜氏)


 1985年生まれ。岩手県胆沢郡衣川村(現 奥州市衣川)出身。小学生の頃から祖父の影響で国指定重要無形文化財川西大念仏剣舞を継承。岩手銘醸株式会社に入社し、平成22年10月より蔵人として酒造りの道を志す。平成30年7月に南部杜氏選考試験に合格し南部杜氏の称号を取得。同年10月より岩手銘醸株式会社の杜氏に就任。平成30酒造年度岩手県新酒鑑評会知事最高賞1位受賞。

※岩手銘醸とは
 岩手県奥州市前沢で地域密着をテーマとした酒造りを心がけている酒蔵です。昭和30 年に旧胆沢郡前沢町で大正初期から続いた蔵元2社が合併し「岩手銘醸」は誕生しました。それ以来、地元産の酒米を使用した酒造りにこだわり、出来る限り地元の米を使用した酒造りに力を注いでいる蔵元です。

《料理提供》
〇 植山 美里


 1990年京都生まれ。京都、徳島にてカフェのプロデュースや宿の料理人を経験。料理を通して食と自然がつながることをテーマに人が集まる場作りに従事してきた。より〝心地よく素のまま〟でいられる環境を追い求めた結果、たどり着いた自然豊かな岩手の地。2017年より岩手奥州Cafe&Living UCHIDAマネージャーを務め、 2019年よりフリーランス料理人へ。集まった人や食材、空間とのセッションのような料理を目指す。