新着情報をもっと見る

 

主な事業内容

観光事業コンサルティング支援

地方観光の活性化を目的にした事業に対する戦略・事業立案、各種調査、マーケティングなどを包括的に行います。最近は農泊地域作りの案件でお引き合いをいただく事例が多いです。
実施地域:北海道、岩手県、福島県、鳥取県、山口県など

宿泊施設の運用支援

遊休スペースや空き家を宿泊施設として活用するための戦略・事業立案、各種調査、各種ワークショップやセミナーの実施、実際の運営業務のサポートまで行っています。最近は「民泊」に関する取り組みでお声がけが増えております。
実施地域:岩手県、東京都

プロモーション支援

地方創生を目的とした各種取り組みやイベントの企画立案、運営及びメディアへのアプローチなどのプロモーション活動を一括で行います。
イベント企画件数:年間20件以上

3つの大切にしていること

①価値の再創造

地域が持つ魅力を再定義し、今ある資源を有効活用して価値を再び生み出します。

②地域コミュニティ目線

地域に寄り添いながら観光課題を解決することを目指します。

③現場での実践

成果を上げるために現場で実践するところまで支援します。

取組み事例

岩手県釜石市 「滞在交流型観光の創出に向けた農泊事業支援」(2017年〜)

【取り組み内容】

  • ・農泊受け入れ体制の強化及び拡大
  • ・効率的な農泊システムの構築
  • ・農泊利用者誘致に向けたプロモーション

【具体的活動】

  • 週次ミーティングでの戦略・事業立案
  • 農泊運営者(ホスト)向け説明会の実施および個別指導
  • 農泊コーディネーター向け指導研修
  • 農泊運営者向けガイドブックの作成
  • 農泊利用者(ゲスト)向けガイドブック(日英)の作成
  • 外国人向けモニターツアーの企画
  • インターネット予約サイトを活用した農泊利用者誘致
  • 首都圏での商談を通じた農泊利用者誘致
  • ※一部は農林水産省による農山漁村振興交付金(農泊推進対策)の認定事業として実施。

代表プロフィール

河田 洋平
1986年神奈川県生まれ。2009年に早稲田大学卒業後、大手経営コンサルティング会社にて4年間勤務。退職後、約3年間かけて世界一周の旅をし、世界で活躍する日本人のインタビューを行いながら61か国400近くの都市を巡り歩く。
2016年に帰国し、「世界における日本文化の価値再創造」を人生のミッションに置き、地方で埋もれていく日本文化の価値をよみがえらせるべく、個人で事業を開始。2017年には当社を設立した。
現在は民泊を通じた地域活性化や田舎での滞在交流型旅行の推進、6次産業化などの地域プロジェクトを全国各地で行う。

【書籍掲載】「まちを変えるホームシェアリング」(Airbnb Japan監修)